美力青汁の美味しい飲み方は?

美力青汁(旧:美力青汁healthy)は、名前に「青汁」と書かれてあることから、青汁で有名な某CMのように

「うぇ~、まずいぃ~、もう1杯!」(個人の感想です)

などと、我慢しながら飲むようなイメージを持っていませんか?

美力青汁は大麦若葉を原料として作られていることから、ケールのような苦味はありませんし、一般的な青汁を飲んだ時に感じるようなクセや青臭さもなく、スルッと飲み込める印象です。
また、「美力青汁beauty」とは異なり、ローズの香りがふんわりと香ることもなければ、薬のような独特の味わいもありません。

このため、美力青汁をお水やお湯にそのまま溶かしても違和感なく飲めますし、牛乳や豆乳に溶かして飲んでいる人も少なくありません。
美力青汁の初回購入時についてくるパンフレットでは、りんごジュースや生姜湯などに溶かして飲む方法も紹介されていました。

また、美力青汁を溶かすのが面倒くさく感じた場合には、粉末のままヨーグルトやアイスなどにふりかけて食べても構いません。
お菓子を作る際に抹茶パウダーを入れるのと同じ要領で、パンケーキやクッキーなどに練り込んでおやつとして食べている人もいましたので、ケーキやプリンなどを作る時にも役立つかもしれません。

美力青汁の味に飽きてきた時の気分転換として使えるのではないでしょうか?

美力青汁で痩せる飲み方はある?

美力青汁は、酵素などが豊富に配合されたダイエット目的に特化した青汁と比べると、痩せる効果は期待できません。

しかし、美力青汁には、オリゴ糖や乳酸菌、食物繊維など、腸内環境にアプローチする成分が配合されています。
3キロから5キロはあると言われる宿便を解消できれば、その分だけ体重が軽くなる作用が期待できます。
また、腸内環境が改善することで新陳代謝が活発化しますし、その結果、基礎代謝が向上することで太りにくい体作りができますので、まわりまわってダイエット効果が期待できると言えるでしょう。

もちろん、ダイエットに直結する成分は配合されていませんので、美力青汁を飲んだら痩せると言った即効性を期待するのは誤りです。
肥満症の人に処方されるサノレックスやスーグラ錠などは、食事療法・運動療法と併用することでダイエット効果が期待できますし、市販薬の防風通聖散や防已黄耆湯、当帰芍薬散なども肥満の改善に役立つ効果が認められています。

サプリメントを活用してダイエットに役立てようと思った場合には、

  • 脂肪燃焼系サプリ
  • 糖質制限系サプリ
  • 脂質制限系サプリ
  • 食欲抑制系サプリ
  • 腸内環境改善サプリ
  • 筋トレ系サプリ

と、さまざまな種類がありますので、自分に合いそうなものを選ぶ必要があります。